義父や義母におくる入院お見舞いの金額相場

スポンサーリンク

家族、親戚や知人が入院したときは入院お見舞いを持って行くと先方に感謝されます。
入院は何かと物入りなので、お金はいくらあっても困りませんし、何より入院お見舞いを持って行くという行為がうれしいと感じるためです。
その金額相場は関係性により変わります。
義父や義母といった比較的近い関係性の場合は金額相場もやや高額になります。
しかし、義父や義母は結婚相手の父母であり、いってみれば自分の親も同然です。
そのため、逆に高すぎる入院お見舞いは失礼に当たることもあるので注意しなければなりません。
また、同居している義父や義母の入院に際しては、入院お見舞いをおくるのではなく家族として身の回りの世話をするのがふさわしいあり方といえます。
おくる場合は、一万円から二万円ほどが金額相場です。
症状の重さや相手の地位、関係性により金額相場は変わります。
軽い症状であれば五千円ほどでもよいでしょう。
逆に、症状が重かったり、社会的地位が高かったりするならば少し多めに包む方が無難です。

スポンサーリンク

ここで注意したいのが、義父や義母に対しての入院お見舞いと、実の両親に対する入院お見舞いは金額相場に差を付けないということです。
場合によりおくる金額は変わりますが、それでもおおよそのラインは同じくらいにしておかねばなりません。
また、義父や義母と一緒に住んでおらず、お見舞いにかけつけて手伝ったりするのも難しいような場所であっても、家族だからお見舞い金は不要と言われることもあります。
その場合は無理におくろうとせず、手紙や電話などで様子を確認し励ますようにしましょう。
退院してから退院祝いや快気祝いとしてお金や品物をおくると、義父や義母も気持ちよく受け取ってくれることが多いです。
義父や義母といった近しい人でも、入院お見舞いを渡すときは金額相場だけでなく送り方にもきちんとマナーをわきまえましょう。
紙幣は新札ではなく折り目をつけたものを用意するのがマナーです。
こういったときに社会人としての常識が問われるので、金額相場も含め注意しておくりましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加