入院 お見舞い金 お金の入れ方

入院している方にお見舞い金を渡す際のお金の入れ方などのマナー

スポンサーリンク

 入院している方にお見舞い金を渡す場合には渡すお金の金額の相場や使用する封筒、お金の入れ方などのマナーに気を付けましょう。
入院のお見舞い金に限らず冠婚葬祭などお金を渡す際にマナーを守ることは円満な人間関係を築く上で大切なことです。
お金の入れ方として注意することはまず裸でお見舞い金を渡さないようにしましょう。
入院の場合のお見舞い金は紅白の結び切りの祝儀袋を使用しましょう。
お見舞い金を祝儀袋に入れるのに抵抗があるのなら白い封筒でも問題はありませんが、その場合は二重封筒を使わないように気を付けましょう。
それからお札の入れ方にははっきりとした決まりはありませんが、一般的にお札の肖像がある面を表向きで入れる方が良いとされています。
またお金の入れ方のマナーとしては新札にこだわる必要はありません。
新札を渡すことで逆に相手を不快にさせてしまう場合もあるので、極端な使用感がないものであれば普段使いのお札で問題はありません。
病院に入院している方をお見舞いする際には面会時間など相手の都合も考えましょう。

スポンサーリンク

入院している方を見舞う場合にはお見舞い金やお見舞いの品などももちろん大切ですが、相手の都合にも注意しましょう。
手術直後で面会ができないといったこともあるため、きちんと相手の都合を確認して不快感や迷惑をかけないようにしましょう。
また入院した方にお見舞い金を渡す場合にはマナーが存在するので注意が必要です。
渡す金額の相場やお金の入れ方や使用する封筒の種類など注意すべきことはさまざまです。
お見舞い金を渡す際のお見舞い金の相場は一般的には10、000円以内とされています。
相手との関係性や地域の風習などによって変化することもあるため柔軟に対応しましょう。
お金の入れ方で注意する点としては「4・6・9」の数字は縁起が悪いため避けましょう。
ほかにお金の入れ方として注意することはお札の向きを揃えて肖像画がある面を上にして入れます。
極端な使用感があるものでなければ普段使いのお札で問題ありません。
マナー的に新札を使う場合には折り目を付けて使いましょう。
入院されている方をお見舞いする場合にはこういった金額やお金の入れ方などのマナーももちろん大切ですが、大勢で押しかけたり長居したりして相手に負担や迷惑をかけないようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

入院時の、お見舞い金(御見舞い金)の入れ方とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの封筒の入れ方や向きについて
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いのマナーとお見舞金(お見舞い金)の封筒への入れ方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金を入れる封筒やお金の入れ方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。