同僚に入院お見舞いを渡す場合の金額相場

スポンサーリンク

同僚が入院した場合の入院お見舞いに何を渡すか、どのような金額相場で渡すかは難しい問題です。
親族が入院した場合であれば、お見舞いに行くのは当然ですし、ある程度の入院お見舞いを持っていくことになります。
しかし、会社の同僚という関係性であれば、必ずしも、お見舞いに行く必要はありませんし、仮にお見舞いに行ったとしても入院お見舞いが必要とは言えません。
最低限、入院お見舞いとして、果物や菓子箱があれば十分という考え方もあります。
しかし、その一方で、品物を渡すよりもお金を渡す方が簡単という考え方もあります。
わざわざ品物を買っていくのは大変ですし、お金であれば、誰かが代表して届けることも可能です。
その場合には、どの程度の金額相場が同僚への入院お見舞いとして妥当かということになります。
一般的には、会社の同僚に対して、冠婚葬祭で渡すお金は3千円から5千円程度が金額相場として妥当です。
もちろん、結婚式に出席する場合は別ですが、お祝い事や不幸事ではこの程度が相場と言えます。

スポンサーリンク

入院理由にもよりますが、軽度な病気やけがなどにより入院している場合には、あまりの大金になると金額相場から外れています。
5千円程度であっても、職場の同僚全員から集めて、5万円になると、入院お見舞い金の金額相場を逸脱しています。
あまりに大きな金額は、逆に相手に気を使わせる結果になりますので、そこは注意が必要です。
例えば、合計額が大きくなる場合には、一人あたりの額を引き下げることによって金額相場に合わせるとか、品物を購入して渡すことにより、金額が分からないようにするなどの方法があります。
いずれにしても、同僚としての入院お見舞いの金額相場としては、数万円程度が上限と言えます。
会社の同僚という立場は、それほど大きなものではありませんので、多少、控えめな金額にすることが重要です。
そうすることで、本人が職場に戻ってきた時にも、余計な気を使わせることがありません。
入院お見舞いは、単なる気持ちですから、双方が気を使わないものにするべきです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加