お見舞い 金額 書き方 一万円

金額が一万円の場合のお見舞い袋の書き方

スポンサーリンク

 友人や身内が事故にあって怪我をしたり、病気になって入院した場合、お見舞いに伺うこともあるでしょう。
その時に物とお金どちらをもっていくかは相手との関係によります。
親戚以上の時は一般にお見舞い金を持っていくことが多いようです。
しかしはっきりした決まりはありません。
お見舞い金の金額は、見舞う相手との関係や親しさによって、三千円から一万円まで相場が変わります。
知人や友人などへのお見舞金の金額の相場は三千円から五千円、親や兄弟など身内へのお見舞い金は五千円から一万円です。
四、六、九が絡む金額は、それぞれの数字が、死、無、苦を連想させるとして、お見舞い金としてふさわしくないとされていますので注意しましょう。
相手が親戚以上の間柄ではない場合は、お金を渡すとかえって相手を困らせることもあります。
その場合は品物を用意するといいでしょう。
相場の金額を参考に用意しましょう。
お花や、入院中の暇つぶしになる雑誌やゲームなども喜ばれるでしょう。
相場が一万円の場合、その一万円でお金と品物を分けて用意してもいいですね。

スポンサーリンク

お見舞い金は現金をむき出しにして渡してはいけません。
金額が五千円でも一万円でも、きちんと包んで渡しましょう。
一般的にはお見舞い金は祝儀袋を使用します。
二度と入院するような病気や怪我をしませんように、との願いを込めて紅白の結びきりにします。
のし袋の書き方にも決まりがあります。
好き勝手な書き方をしてはいけません。
まず表書きの書き方です。
上段真ん中にお見舞い、もしくは御見舞いと描きます。
書き方が正しくてもボールペンでは台無しです。
筆か筆ペンで書いた方がいいでしょう。
印刷してある袋もあります。
その下に、フルネームで自分の名前を書きます。
次に中包みの書き方です。
表中央に金額を書きます。
一万円包む場合、漢字は一万円でも壱萬円でも構いません。
金額を書き忘れないようにしましょう。

裏面の左下に寄せて、住所と名前を書きます。
上側を内側にして折り重ね、水引をかけます。
書き方の決まりは難しいものではありませんので、あまり神経質になることはありません。
基本的な書き方の決まりだけは守るようにしましょう。
お見舞い金をいただいたは場合、お返しは半返しが基本です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

金額が三千円のお見舞い金ののし袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金額が五千円の場合ののし袋と書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの金額で十万円を包む場合の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
封筒に入れるお見舞い金額の相場が五千円の関係とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。