お見舞い 金額 書き方 十万円

お見舞いの金額で十万円を包む場合の書き方について

スポンサーリンク

お見舞いの金額の相場については、3千円〜1万円が相場となっているのですが、親や兄弟、特に親しい親戚などが入院した場合には、お見舞いの金額で3万円包むというケースも稀ではありません。
しかし、お見舞いの金額で十万円包むというケースは非常に稀であり、お返しの負担を考慮した金額にするということがマナーとなります。
 通常、お見舞いを受け取った側は、快気祝いとしてお見舞いでいただいた金額の半分〜3分の1の金額でお返しを用意するようになります。
ゆえに、十万円という高額なお見舞いは贈られた側の負担となりますので、基本的には相場の範囲内の金額がベストとなります。
 お見舞いを現金で贈る場合には、紅白の祝儀袋もしくは無地の白い封筒を使用します。
入院は慶事ではありませんが、不祝儀袋を使用することはNGとなりますので注意しましょう。
二度と入院を繰り返さないという縁起を担いで、結び切りの水引きを使用します。
蝶結びの水引きは何度でも結び直しができますので、入院見舞いにはNGとなります。

スポンサーリンク

 お見舞金などのし袋の数字の書き方については、基本的に縦書きで漢数字を用いるというのが正しい書き方となります。
厳密には、漢字や書き方にきちんとした決まりがあるということではありませんが、あらたまった書き方として旧字体を使う書き方が用いられています。
十万円をお見舞金で包むことは稀ですが、ご祝儀などではよくあります。
十万円を包む場合の書き方は、「拾萬円」もしくは円も旧字体を用いて「圓」と書く書き方となります。
  会社の上司が入院した際に、同僚や部下と差をつけるといった意味で十万円など、相場よりも高額なお見舞いを贈る方も中にはいらっしゃいます。
しかし、現金でお見舞いを贈るのは、上司や目上の方に対しては失礼にあたりマナー違反とされていますので、現金ではなく品物で贈るようにします。
 逆に、会社の社長や上司から個人的に十万円など高額なお見舞金を贈られるケースがあります。
この場合のお返しについては、商品券は金額がはっきりとわかってしまいますのでNGとなります。
十万円など高額なお見舞金のお返しは、金額に見合ったカタログギフトを贈られる方が多くなっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

金額が三千円のお見舞い金ののし袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金額が五千円の場合ののし袋と書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
金額が一万円の場合のお見舞い袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
封筒に入れるお見舞い金額の相場が五千円の関係とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。