お見舞い 金額 書き方 五千円

お見舞い金額が五千円の場合ののし袋と書き方

スポンサーリンク

 冠婚葬祭の包む金額は、相場がいくらなのか分からずに困ることがあります。
結婚式や葬式の場合は何となく分かるのですが、お見舞いとなると相場がいまいち曖昧です。
病気や怪我のお見舞い、火事や災害のお見舞いといった具合に、内容も実に様々ですし、相手との関係も金額に影響します。
お見舞いは多めに包むと失礼にあたると言われているので、五千円から一万円で包むと良いでしょう。
最近は五千円を包む人の方が多いようです。
もし五千円では少ないと思うようでしたら、お見舞いとして五千円を包む他に品物も贈ると良いでしょう。
お金はのし袋に中袋があればその中に入れ、中袋の表中央に金額を書きましょう。
中袋に金額欄があれば、そこに金額を書きます。
金額の書き方は、漢数字にしましょう。
五千円を包む場合の書き方は、「金五千円也」もしくは「金伍阡円也」になります。
中袋の裏には、中心から外したところに自分の住所と名前を書きます。
のし袋が封筒タイプでしたら中袋が無いので、のし袋の裏に住所と名前と金額を書きましょう。

スポンサーリンク

のし袋の選び方ですが、赤白で結び切りになっている水引を選びましょう。
結び切りの水引には、二度と起こらないように、繰り返さないようにという意味が込められています。
そして、のし袋の右上には熨斗と呼ばれる飾りが付いていないものを選びましょう。
右上に熨斗が付いているものは、お祝い事で使われるものですので、お見舞いに使うのは大変失礼です。
災害見舞いの場合は水引の無い白封筒が良いです。
目的や包む金額によってのし袋を選びますが、お見舞いで金額が五千円でしたら、封筒タイプののし袋でも良いでしょう。
のし袋によって書き方が変わるわけではないので、きちんと丁寧に書きましょう。
のし袋の表書きの書き方ですが、「御見舞」が幅広く使えますが、内容によって書き方を変えると受けとった相手の印象も良いでしょう。
病気や怪我なら「祈御全快」、災害なら「災害御見舞」、火事なら「出火御見舞」「近火御見舞」といった書き方があります。
連名で贈る場合の名前の書き方は、目上の方が先にくるように書き、友人同士の場合は五十音順に書きましょう。
連名は三名以内にするのが好ましく、それを超えるようなら代表者一名の名前と外一同としましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

金額が三千円のお見舞い金ののし袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
金額が一万円の場合のお見舞い袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの金額で十万円を包む場合の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
封筒に入れるお見舞い金額の相場が五千円の関係とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。