お見舞い 金額 書き方 三千円

金額が三千円のお見舞い金ののし袋の書き方

スポンサーリンク

 知人や家族が病気などで入院してお見舞いに行く時は、通常お見舞い金やお見舞い品を持っていきます。
お金を持っていく場合、相手との関係や親しさの度合いによって金額も変わってきます。
知人、友人、ご近所の方などですと三千円から五千円が相場の金額です。
また仕事関係で、職場などの有志数名で出すときは、だいたい一人当たり三千円出す、というのが相場です。
また親兄弟の場合は五千円から一万円が相場の金額ようです。
お見舞い金ではなく、お見舞いの品を持っていく場合も、相場の金額を参考に購入するとよいでしょう。
お見舞い金は、財布から直接出して渡すというものではありません。
よほど親しい中ならば別ですが、例え三千円でもきちんと熨斗袋にいれて渡すようにしましょう。
相場が三千円の場合なら、お花などが無難で良いでしょう。
入院中の暇つぶしになるものも喜ばれます。
熨斗袋は祝儀袋を使います。
二度と入院する事態になりませんように、という思いを込めて紅白の結びきりを使います。
紅白の祝儀袋を使うのは抵抗がある場合は、白封筒でも構いません。

スポンサーリンク

祝儀袋にも決まった書き方があります。
正しい書き方で書かれた祝儀袋は、お見舞いの相手も気持ちいいものです。
難しい書き方ではありませんので、基本の書き方だけは守るようにしましょう。
表書きは御見舞金、お見舞い、祈御快復などとします。
差出人の名前はその下に書きます。
仕事関係で、3〜5人が三千円ずつ出す、といった場合、代表者氏名を中央に書き、左側に残りの人たちを小さく書くのが正しい書き方です。
10人以上の連名になる場合は代表者氏名のみにし、残りは中袋に記入するのがスマートな書き方と言えるでしょう。
中袋の中央に金額を書きます。
金額の数字は大字、つまり三千円なら参仟圓という書き方がありますが、普通に三千円と書いても構いません。
裏には住所氏名を書きます。
書き方に間違いがなくても、ボールペンですとどこか味気ないものです。
筆や筆ペンで書く方がいいでしょう。
逆にお見舞いをいただいた場合は、いただいた金額の半額程度をお返しするのが普通です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金額が五千円の場合ののし袋と書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
金額が一万円の場合のお見舞い袋の書き方
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いの金額で十万円を包む場合の書き方について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
封筒に入れるお見舞い金額の相場が五千円の関係とは
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。