お見舞い封筒の連名の書き方と金額にまつわるマナー

スポンサーリンク

お見舞いを贈る際には、紅白の祝儀袋もしくは白い無地封筒を使用します。
封筒を使用する際には、二重封筒は繰り返しを意味しますのでマナー違反となります。
表書きを書く際に使用する筆記具については、毛筆もしくは筆ペンで書く書き方が正しいのですが、書きにくい場合には太めのフェルトペンでもかまいません。
しかし、万年筆やボールペンはNGとなります。
 お見舞い金を連名で贈る場合の封筒の書き方については、2名連名の場合には、表下段に向かって右側から役職や年齢が上の人から書く書き方となります。
文字の大きさは2名とも同じとなります。
友人同士で贈る場合には、五十音順で右から書く書き方となります。
また、夫婦連名で贈る場合には、夫の名前をフルネームで表下段中央に書きます。
そして、その左側に、夫の名前の位置に揃えるように妻の名前のみを書く書き方となります。
 封筒の表面に名前を書くのは、3名までの連名の場合となります。
3名以上の方が連名でお見舞い金を贈る場合には、代表者1名だけの名前を表下段に書き、そのほかの人の名前は白い紙に書いてお札と一緒に中に同封します。
表面の代表者の左側に、少し小さめの文字で「有志一同」「外一同」などと書く書き方となります。
また、会社名を入れる場合には、代表者の名前の右側に、やや小さめの文字で書く書き方となります。

スポンサーリンク

 お見舞い金を渡す際には、「何が良いのか迷いましたので、お見舞いの品の代わりに」などと一言添えて渡すのが、スマートな大人のたしなみとなります。
また、会社の上司や目上の方には現金でお見舞いを贈るのは失礼にあたり、マナー違反となりますので注意しましょう。
 お見舞いの金額の相場については、友人・知人の場合には5千円、会社関係で連名で贈る場合には、1人あたり3千円が金額の目安となります。
また、金額に関しては、4は死、6は無、9は苦に通じることからタブーとされています。
3名の連名で贈る場合には金額に注意が必要となります。
 お見舞いの金額については、相手との日頃のお付き合いの深さや関係性によっても異なってきます。
しかし、金額は相場の範囲内が理想的です。
通常、いただいた金額の3分の1から2分の1の金額で快気祝いを準備するようになりますので、相手に余計な気遣いをさせないためにも、あまりにも相場より多い金額は迷惑となるからです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加