入院のお見舞い金を渡す際の封筒の金額の書き方ついて

スポンサーリンク

入院した相手にお見舞い金などを渡す場合にはマナーがあるため気を付けましょう。
金額の相場や封筒、名前や金額の書き方など様々なマナーがあるので相手に不快感や迷惑をかけたりしないように注意しましょう。
まずお見舞い金は裸では渡さずに祝儀袋や白い封筒に入れて渡しましょう。
祝儀袋を使う場合には紅白の結び切りがついたものを使います。
祝儀袋を使うことに抵抗がある場合には白い封筒でも問題ありません。
白い封筒を使う場合には二重封筒を使わないようにしましょう。
二重には繰り返すという意味合いがあるためお見舞い金などを包む場合にはマナー違反となります。
金額の書き方のポイントとしては旧漢数字を使うようにしましょう。
この金額の書き方をするのは数字が書き換えられないようにするためと、改まった書き方をするためです。
金額の前には金とつけます。
お見舞い金は相手を気遣う気持ちがあることが前提ですので、きちんと金額の書き方や使う封筒などのマナーを守りましょう。

スポンサーリンク

お見舞い金を渡す場合には失礼がないように注意しましょう。
お見舞い金には相手を気遣う気持ちがあることが前提なので、マナー違反をしてしまうことで相手に不快感や迷惑をかけないように注意しましょう。
まずお見舞い金の相場ですが、相手との関係性や地域や家々での決まり事などによって変わってきますが、一般的に10、000以内とされています。
またお金を包む場合には祝儀袋や白い封筒に入れて渡しましょう。
お見舞いに祝儀袋を使う場合には紅白の結び切りをつかいます。
金額の書き方で注意することはまず筆ペンやフェルトペンなどで書きましょう。
ボールペンや万年室などは避けましょう。
金額の書き方は中包の中央に金壱萬円といった形で金額をかきます。
金額の後になりは付けません。
也を付けるのは100、000円以上の高額の場合です。
お見舞い金に限らず冠婚葬祭など様々な場面でお金を包む場合には金額の相場や金額の書き方などのマナーを守りましょう。
マナーを守ることは付き合いを円滑に進めるうえで大切なことです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加