お見舞い 書き方 お金の入れ方

入院お見舞いの封筒の書き方とお金の入れ方について

スポンサーリンク

 入院お見舞いには、市販のお見舞い用ののし袋もしくは白い無地封筒にお金を入れるようにします。
白い無地封筒を使用する際には、二重封筒はマナー違反となります。
二重は繰り返しを意味するからです。
のし袋の水切りは、結び切りを使用するようにします。
何度でも結び直しができる蝶結びの水切りは、二重封筒と同様に繰り返しを意味しますので入院お見舞いにはNGとなります。
 お見舞いのし袋の書き方については、表上段に「御見舞い」と書き、下段に上段よりはやや小さめに自分の名前を書くようにします。
連名の場合には、3名までであれば下段に右から名前を書く書き方となります。
4名以上でお見舞い金を贈る場合の書き方は、表には代表者の名前だけを書き、その左側にやや小さく「有志一同」「外一同」などと書く書き方となります。
別の白い紙に全員の名前を書いて、お札と一緒に同封します。
 名前の書き方については、必ずフルネームで書くようにし、筆もしくは筆ペンで書くようにします。
ボールペンで名前を書く書き方は、マナー違反となりますので注意しましょう。
夫婦で連名にする場合には、夫の名前をフルネームで書き、名前の部分に揃えて左側に妻の名前のみを書くという書き方となります。
   スポンサーリンク

 入院お見舞い金の封筒へのお金の入れ方にまつわるマナーについては、明確な決まりは存在していません。
しかし、一般的には、お札の肖像画が描かれた方を表向きにして入れるのがマナーとなっています。
また、お札の向きをきちんと揃えるというのが、お金の入れ方の基本となります。
のし袋の場合には肖像画が上になるように、封筒の場合には開けた時にお札の肖像画が最初に見えるように入れるのが、一般的なお金の入れ方となっています。
 お金の入れ方のほかに入院お見舞いに使用するお札については、新札はNGとなります。
事前に用意していたと思われるからです。
新札を使用する場合には、一度折り目をつけてから入れるようにします。
また、あまりしわくちゃのお札や汚れたお札を使用するのもNGとなります。
また、お見舞金のお金の入れ方については、4は死、6は無、9は苦に通じることからタブーとなります。
ちなみに、お葬式などの香典でのお金の入れ方は、お札の肖像画を下にして入れるお金の入れ方が一般的に正しい入れ方となります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加