手術で入院している友人へのお見舞い金の金額の相場

スポンサーリンク

友人が手術で入院しているところへ、お見舞いに行く場合、持参するものはお見舞いの品でもお見舞い金でもどちらでも問題はありません。
手術での入院であれば出費もかさむことが想像されますから、お見舞い金として役立ててもらうこともひとつです。
しかしながら、お見舞い金に対してはお礼として3分の1から2分の1程度返すことが一般的ですから、金額は多ければよいというものではなく、お返しへの相手の負担を考慮した金額を用意する必要があります。
お見舞い金の金額の相場は、相手との関係性で変わってきます。
友人関係の場合であれば、お見舞い金の金額は3000円から5000円程度が相場となります。
また、日本特有の4・6・9といった忌み数字にも気を付けて金額を決めてください。
年配の方であれば特に気にされる方も多くいます。
手術などで長期に渡って入院している相手が親しい友人であれば、欲しているものや趣味の物などがわかることもあります。
その場合は品物を持参することも良いでしょう。

スポンサーリンク

また、お見舞いに訪れる際には、必ず事前に連絡を入れるようにしましょう。
突然の訪問は迷惑をかけてしまいます。
更に、手術を受けている友人であれば、手術後すぐは体調が優れないことが多いので、時期を見計らって訪問しなければなりません。
また、実際に訪れた際にも、手術後の身体に無理をさせないためにも、親しい友人であっても長居はせず早めにお暇することを心がけましょう。
入院の理由が、手術の場合であってもそうでなくても、お見舞いには相手を思いやる気持ちが大切です。
お見舞品やお見舞金についても、相手の立場に立って考えることで、おのずと品物なり金額なりが決まります。
親しい友人であれば、ついマナーがおざなりになってしまいがちですが、病院という場所柄、マナーは大変重要です。
親しい友人であればこそ、しっかりとマナーを考えて訪問しましょう。
お見舞とは、金額で気持ちを表すのではなく、マナーで気持ちを表すことが大切なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加