手術などで兄弟にお見舞い金を渡す際の金額などのマナーについて

スポンサーリンク

親や兄弟、親戚や知人が手術などで入院してお見舞いに行く場合には、きちんと相手の都合を確認してお見舞い金の金額やお見舞いの品などを渡す場合にはマナーを守り相手に不快感を与えないように注意しましょう。
まず病院にお見舞いに行く場合には相手の都合を確認しましょう。
入院直後や手術前後など親や兄弟などのごく親しい間柄でない限りは遠慮しましょう。
手術直後だと面会ができないといった場合もあるためきちんと相手の状態を確認しましょう。
お見舞い金を渡す場合には一般的には10、000円以内が金額の相場とされていますが、この金額は相手との関係性や地域ごとの決まり事などで変わってくるため注意しましょう。
渡す相手が親なら1〜30、000円程度、兄弟や親戚なら10、000円程度、友人なら5000円程度が金額の相場とされています。
多すぎても相手に気を使わせてしまいますし、少なすぎると格好がつかないためこの金額の相場を参考にしましょう、お見舞いをする相手が親や兄弟といった親しい間柄でもきちんとマナーを守り、相手に負担や迷惑をかけないようにしましょう。

スポンサーリンク

病院に入院している相手に面会する場合にはお見舞いの際のマナーを守り相手に負担をかけないようにしましょう。
まずお見舞いをする場合には相手の都合を考慮しましょう。
入院直後や手術前後などのタイミングは親や兄弟などの親しい間柄でない限りは遠慮しましょう。
相手を見舞うタイミングとしては入院して4〜5日たったころ、もしくは手術の2〜3日後くらいが良いでしょう。
その際きちんと相手の状態も確認しましょう。
手術後、体調や精神状態によっては面会できないこともあります。
きちんと連絡をして突然押しかけるのはやめましょう。
またお金を包む際には金額の相場を守りましょう。
お見舞い金の金額の相場は相手との関係性によって変わってきます。
親や兄弟などの親しい間柄ならお金ではなく直接必要なものを聞いてみるのも良いでしょう。
入院している相手を見舞う際には相手の負担にならないように注意しましょう。
手術後など気持ちが不安定になっていて健康な時なら何でもないことでも気を悪くすることもあります。
面会する相手が親や兄弟などの親しい間柄でもきちんとマナーは守りましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加