入院お見舞いのお返しの際の金額について

スポンサーリンク

日本には入院お見舞いをもらったらお返しをするという風習があります。
入院お見舞いのお返しは10日以内が目安とされていますが、無理はしないで体調が安定してからお返しをしましょう。
遅い場合でも1か月以内にお返しをするようにしましょう。
また職場に復帰する場合などには復帰する初日にお返しの品を持参する場合が多いです。
またお見舞いのお返しは受け取った金額の3分の1〜半分程度が一般的とされています。
入院お見舞いのお返しとして渡す品とは後に残らないものや水に流すものが一般的です。
後に残らないものとしてお菓子やコーヒーやお茶など、水に流すものとして洗剤やせっけん、入浴剤などが一般的とされています。
それから商品券は失礼になる場合もあるため注意が必要です。
金額がはっきりわかってしまうものですし、お金を突き返すイメージもあるため失礼にあたるとされています。
入院などのお見舞い金には渡す側にも受け取った側にもマナーがあります。
どちらも相手に気を使わせすぎたり、不快感を与えたりしないように金額の相場などのマナーを守りましょう。

スポンサーリンク

入院などのお見舞い金には渡す側にも受け取る側にもマナーがあります。
渡す側のマナーとしては入院している相手の都合を考慮して尋ねる、お見舞い金は裸では渡さない、金額の相場を守るなどがあげられます。
受け取った側のマナーとしては退院して体調が落ち着いてから、頂いた金額の3分の1〜半分程度の金額のものを返すというものがあげられます。
多くの人にお見舞いに来てもらった場合には受け取った金額にかかわらず、お返しを一律にする場合もあるそうです。
それから注意することとしては会社の規則として慶弔金からお見舞いが出た場合には会社へのお返しはいりません。
個人的にお世話になった場合には個別に対応します。
会社の部署や課から頂いた場合にはお菓子のセットやコーヒーなどの一人ずつ分けられるものを用意しましょう。
上司から個人的にいただいた場合には個別に返すように注意しましょう。
入院に限らず冠婚葬祭などでお金を渡す場合や受け取る場合にはマナーをきちんと守りましょう。
マナーを守ることは円滑な人間関係を進めるうえで大切なことです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加