お見舞い 金額 相場 親戚

親戚にお見舞い金を渡す場合の金額の相場について

スポンサーリンク

入院した場合などにお見舞い金を渡す場合には金額の相場に注意しなければいけません。
お見舞い金の金額の相場は親や兄弟、親戚や会社関係と相手との関係性によって変わってきます。
両親や祖父母兄弟や親戚などに渡す場合には5000円〜10、000円程度、知人や友人へは3000円〜5000円程度、仕事関係者には一人当たり3000円程度が金額の相場とされています。
親や親しい親戚の場合なら3万円という場合もありますし、特に親戚関係に渡す場合には家によっては決まり事なども存在する場合があるため臨機応変に対応しましょう。
また相場の金額内であっても4・6・9を含む数字は縁起の悪い数字とされているので避けましょう。
それぞれ「死・無・苦」を連想させてしまいます。
1人で渡す場合にはこれらの数字を含む金額を渡すことはあまりありませんが会社関係者などで連名で渡す場合には注意が必要です。
お見舞い金の金額の相場を守ることも大切ですが、病院などに実際にお見舞いに行く場合には相手が親や兄弟、親戚といった親しい間柄でも相手の負担にならないように面会時間を守り大勢で押しかけたりしないようにしましょう。

スポンサーリンク

入院した方にお見舞い金を贈る場合には様々なマナーが存在します。
きちんとマナーを守り相手に不快感を与えないように気を付けましょう。
まずお見舞い金の金額にも相場があります。
お見舞い金の相場は相手との関係性によって異なり一般的には両親や兄弟や親戚に渡す場合には5000円〜10000円程度、知人や友人には3000円〜5000円程度、仕事関係者には一人当たり3000円程度とされています。
親戚に渡す場合には家々によって決まりごとが存在する場合もあるため注意しましょう。
それからお見舞い金を渡す際には裸で渡さずに紅白の結び切りの祝儀袋を使います。
間違って不祝儀袋を使わないように気を付けましょう。
祝儀袋を使うことに抵抗がある場合には白い封筒でも構いませんが二重封筒は避けましょう。
表書きは「お見舞い」や「御見舞」と書きます。
目上の方には「卸伺」とします。
使用するお札は新札である必要はありませんが、使用感が強いものは避けましょう。
新札を使うとかえって相手を不快にさせてしまう場合もあるため、マナー的に新札を使う場合には一度折り目を付けてから利用する方が良いとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

お見舞い金を兄弟に渡す際の金額の相場について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いを親に渡す場合の金額の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
友人でも気を遣います友達へのお見舞いの金額、相場があります
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。