お見舞い 金額 相場 兄弟

お見舞い金を兄弟に渡す際の金額の相場について

スポンサーリンク

 家族や親戚、友人や知人が入院した場合にはいきなり押し掛けたりせずに、まずは相手の状況を確認しましょう。
相手の状態によっては面会ができない場合もあります。
お見舞いをする際には相手に不快感を与えたり迷惑をかけたりしないようにマナーを守りましょう。
お見舞い金を渡す場合には金額の相場をきちんと守りましょう。
お見舞い金の金額の相場は基本的に1万円以内とされていますが親や兄弟、親しくしている親戚に渡す場合には3万円という場合もあります。
親族関係に渡す場合にはその家々での決まりごとがある場合もあるため注意しましょう。
一般的にお見舞い金の金額の相場は渡す相手によって変わってきます。
親に渡す場合には1〜3万円、兄弟や親戚だと1万円程度、友人だと5000円程度とされています。
ほかにも職場関係の相手だと連名で渡す場合もありその場合は1人3000円程度とされています。
お見舞い金を受け取った側のマナーとしてお見舞いの半分から3分の1程度のお返しをするのであまり高額を渡してしまっても相手の負担になる場合もありますので気を付けましょう。

スポンサーリンク

入院のお見舞い金を渡す場合には金額の相場を守りましょう。
金額の相場は渡す相手と親や兄弟、親戚や友人といった関係性によって変わってきます。
入院のお見舞い金の相場は親に渡す場合は1〜3万円程度、兄弟や親戚には1万円程度、友人には5000円程度、職場関係の相手には連名で1人当たり3000円程度が一般的な金額の相場とされています。
渡す相手が親や兄弟といった気安い間柄であってもきちんとマナーを守り相手に不快感を与えたりしないように注意しましょう。
またお金を包む際には相場の金額内であっても「4・6・9」が絡む数字を含まないように注意しましょう。
それぞれ「死・無・苦」を連想させるので避けるようにしましょう。
入院のお見舞いをする場合にはきちんと相手の状態を把握して入院直後や手術の前後は相手が親や兄弟などの身内や親しい間柄でない限り遠慮しましょう。
また連絡もなしに突然行くのも失礼になります。
親や兄弟などの親しい間柄で落ち着いている場合なら問題ないこともありますがそうでない場合には相手にも事情があるのできちんと連絡をしてからにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

親戚にお見舞い金を渡す場合の金額の相場について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞いを親に渡す場合の金額の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
友人でも気を遣います友達へのお見舞いの金額、相場があります
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。