お見舞い 金額 相場 親

お見舞いを親に渡す場合の金額の相場

スポンサーリンク

入院のお見舞い金を渡す場合には金額の相場や封筒の種類など様々なマナーが存在します。
渡す相手が親兄弟など親しい間柄の相手でもきちんとマナーを守って相手に不快感を与えないように気を付けましょう。
まず入院のお見舞い金の金額の相場ですが、渡す相手が親なら1〜3万円程度、兄弟なら1万円程度、親戚なら1万円程度、友人なら5000円程度が相場とされてます。
お見舞い金の金額の相場は基本的に1万円以内とされていますが渡す相手との関係性や、親族に渡す場合には家々の決まりごとなどで金額が変わる場合もあるため柔軟に対応しましょう。
また「4・6・9」を含む金額は渡さないように注意しましょう。
それぞれ「死・無・苦」を連想する数字なのでマナー違反とされています。
一般的にお見舞い金を受け取った側はお見舞い金の半分から3分の1程度のお返しをすることがマナーとされているのであまり高額を渡してもかえって気を使わせてしまうため注意しましょう。

スポンサーリンク

入院のお見舞い金には様々なマナーが存在します。
まず金額の相場は1万円以内が一般的とされていますが、相手との関係性によって変わってくるため注意しましょう。
親に渡す場合には1〜3万程度、兄弟や親戚なら1万円程度、友人なら5000円程度がお見舞い金の金額の相場とされています。
あまり高額のお見舞い金を渡しても受け取る側にかえって気を使わせる場合もあるため、一般的に相場とされている金額を渡しましょう。
それからお見舞い金を包む場合には祝儀袋か白い封筒を使います。
間違って不祝儀袋を使わないように注意しましょう。
表書きは「御見舞」「祈御回復」とします。
目上の相手に渡す場合には「御伺」などと書きます。
包むお札については特に新札にこだわる必要はありません。
お祝い事ではないため新札でない方が良いという考え方もあるため、普段使いのものでも問題はありません。
過度に折れ曲がったりシワシワになっていなければ普段使いのお札で問題ありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

親戚にお見舞い金を渡す場合の金額の相場について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
お見舞い金を兄弟に渡す際の金額の相場について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
友人でも気を遣います友達へのお見舞いの金額、相場があります
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。