お見舞い 金額 相場 会社関係

会社関係者にお見舞い金を渡す際の金額の相場

スポンサーリンク

 一般的にお見舞いとして現金を渡す場合は家族や親戚の場合が多く、知人が入院したからといって必ずお見舞い金を渡すわけではありません。
かえって相手に気を使わせてしまったり、また目上の人に対してお見舞い金を渡すのは失礼という考え方もあるため相手によってお見舞い金が良いのか、お見舞いの品の方がよいのか注意が必要です。
またお見舞い金を渡す場合には適切な金額の相場を把握しておきましょう。
受け取った側のマナーとして退院後にもらった金額の3分の1程度をお礼として返す場合も多いため、高額を渡してもかえって気を使わせてしまうため一般的に10、000円以内が金額の相場とされています。
また友人同士や会社関係者などで連名で渡す場合には「4・6・9」の数字を含まないように注意しましょう。
それぞれ「死・無・苦」を連想させてしまう数字なのでNGとされています。
1人で渡す場合にこれらの数字を含むことはあまりありませんが、友人同士や会社関係者で連名で渡す場合には合計金額がこれらの数字を含んでしまう場合もあるため注意しましょう。
特に会社関係の方に対してマナー違反をしてしまうと今後の関係性にもかかわってくるため注意が必要です。

スポンサーリンク

入院などでお見舞いを渡す場合には金額の相場をきちんと把握してマナー違反がないように注意しましょう。
一般的な金額の相場は親族の場合には5000円〜10、000円、会社関係者の場合には1人当たり3000円程度、友人の場合には3000円〜5000円程度とされています。
金額の相場については特に決まったルールがある場合があるわけではありませんが相手に気を使わせない金額として上記の相場が一般的な相場とされています。
また渡す相手が会社関係の上司や年上の親戚の場合だと現金を渡すと失礼とされる考え方もあります。
しかし特にそういったことを気にせずに会社関係者などで金額を出し合って連名でお見舞い金を渡す場合もあるため、相手によって臨機応変に判断しましょう。
特に渡す相手が会社関係者の場合には1人で判断せずに周りの人と話し合いましょう。
それから会社関係者でも同僚や後輩に渡す場合だと高額だと気を使わせてしまいますし、逆に少なすぎると格好がつかないので5000円程度が相場とされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

会社の一人が入院した際に持って行くお見舞いの金額相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
上司へのお見舞いの金額の相場について
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。
上司の親御さんのお見舞い金額の相場
お見舞い封筒の書き方や入れ方のマナーあれこれです。